種類・期間|東久留米市近辺にお住まいでインプラント治療をお考えの方へ。

費用・料金

院長紹介・治療方針

医院案内

アクセス情報

第2の永久歯、インプラント 正しい知識こそが治療を成功へと導きます

治療の種類・期間

インプラント治療の種類

歯を欠損するケースは病気、事故などさまざまです。どのような場合でもインプラントは対応できるのでしょうか?以下をご覧ください。

歯を1本だけ失った場合

歯を失った部位に1本だけインプラントを埋入します。外観も使用感も天然歯とほぼ同様です。咀嚼(そしゃく)する際にインプラントが顎の骨に圧力と刺激を与えるため、顎の骨が痩せることもありません。

歯を1本だけ失った場合

数本の歯を失った場合

数本の歯を失った場合

2~3本の歯を失った場合であっても、インプラントを使用した治療が最適だといえます。前歯の治療も容易です。

まったく歯がない場合

まったく歯がない場合

かつては全部の歯を失ってしまった場合、総入れ歯を使用する以外に補完方法はありませんでした。しかし、総入れ歯は口内の歯肉を覆う面積が広く、食物の感触を実感できない、慣れるまでに時間がかかる、しっかりと固定されないため咀嚼力を加えにくい…といったデメリットがあります。そこで現在、これらのデメリットを排除したインプラントによる補完治療が行われています。

患者様の口内環境によりますが、2~6本のインプラントを埋入し、そのインプラントの頭に入れ歯を固定するという方法を採ります。支点は少ないものの、インプラントで固定された入れ歯は従来の総入れ歯とは異なり、しっかりと力を入れて咀嚼することができます。

インプラント治療の期間

オッセオインテグレーション(チタンと骨の結合現象)

チタン製のインプラントを顎の骨に埋入した後、数ヶ月間の安静期間が必要になります。これはチタンと顎の骨が結合するために必要な期間です。チタンと骨の生体結合を発見したスウェーデンのブローネマルク博士は、この結合現象を「オッセオインテグレーション」と名づけました。一般的にオッセオインテグレーションの起こるスピードは骨密度に比例します。上顎では6ヶ月以上、下顎では3ヶ月以上の安静期間を確保することで、インプラントと顎の骨の充分な結合を実現することができるのです。この安静期間以外に行う治療も含めると、インプラント治療が完了するまでには、6~12ヶ月の時間が必要になります。

口内環境の整備

インプラント治療を行うには、口内環境を整えておくことが必要です。特に歯肉が健康でなければ、せっかく埋入したインプラントも固定が不完全となってしまいます。しかし、インプラント治療を希望される患者様は歯周病を患っていることが多いのです。歯周病は歯肉や歯槽骨にダメージを与える病気。こうした症状を抱えたままインプラント治療を行ったとしても、埋入したインプラントはすぐに抜け落ちてしまうでしょう。つまりインプラント治療で新しい歯を手に入れるためには、インプラント治療以外に歯周病治療も含めた期間を考えなければならないのです。

PAGE TOP