治療の流れ|東久留米市近辺にお住まいでインプラント治療をお考えの方へ。

費用・料金

院長紹介・治療方針

医院案内

アクセス情報

第2の永久歯、インプラント 正しい知識こそが治療を成功へと導きます

治療の流れ

インプラント治療の流れ

以下に一般的なインプラント治療の流れをご紹介します。

1.カウンセリング
インプラント治療についてご説明します。患者様のご要望を吸い上げて、どの程度まで患者様のご要望を実現できるのかを説明させていただきます。
2.診査
インプラントを埋め込む顎の骨の厚み、幅、形状などをX線写真などで確認します。また虫歯はあるか、歯周病になっていないかなども診査します。
3.治療プランの決定
診査データに基づき、治療プランを話し合います。患者様のご要望と歯科医師の判断を擦り合わせることで最適な治療プランを決定するのです。非常に重要なプロセスですので、時間をかけて行います。
4.インプラント術前治療
インプラントの埋入手術の前に、口内の環境を整えます。歯周病にかかっている場合は、その治療を優先させます。古い冠の除去や虫歯の治療もこの段階で行い、口内環境が整った時点から、インプラント埋入手術に臨みます。
5.インプラント埋入手術
インプラント埋め込み手術を行います。手術は部分麻酔の後に行われますので、痛みはありません。歯肉を開き、顎の骨にインプラントと同径の穴を開け、インプラントの下部構造部分を埋め込みます。その後の術式は1回法と2回法とに分かれます。
[1回法]
埋め込んだインプラントの下部構造に仮の上部構造(アバットメント)を取りつけます。仮の上部構造を出した状態で、インプラントと顎の骨の結合(オッセオインテグレーション)が完全になるまで3~6ヶ月の安静期間を設けます。顎の骨との結合が完全になった後に、人工歯冠を取りつけて手術完了です。
[2回法]
インプラントの下部構造を埋め込んだ後、歯肉を閉じたそのままの状態で安静期間を設けます。インプラントと顎の骨が結合するまでの期間は3~6ヶ月ほどです。結合が完全にできたことを確認した後、再び歯肉を開き、インプラントの上部構造と人工歯冠を取りつけて手術完了です。
6.口内環境のメンテナンス
人工歯冠を取りつけた後の1週間後に噛み合わせのチェックと調整を行います。以降は必要に応じ調整を行い、噛み合わせを安定させていきます。可能ならば1ヶ月に1度、少なくとも1年に1度は歯科医師の定期検診を受けてください。

PAGE TOP