他の歯科治療との違い|東久留米市近辺にお住まいでインプラント治療をお考えの方へ。

費用・料金

院長紹介・治療方針

医院案内

アクセス情報

第2の永久歯、インプラント 正しい知識こそが治療を成功へと導きます

他の歯科治療との違い

他の歯科治療との違い

歯を欠損した場合の補完方法はインプラントだけではありません。インプラントとその他の方法との違いを以下の表でご説明します。

治療法 メリット デメリット
インプラント
  • 天然歯に限りなく近く、外観が自然天然歯と同様の力を加えて咀嚼(そしゃく)することができる
  • 顎の骨が痩せない
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 抜歯と同程度の手術が必要
  • 糖尿病や心臓病などの全身疾患がある場合には、治療ができないことがある
  • 保険適用外なので、比較的高額である
ブリッジ
  • 装着時の違和感がない
  • 保険適用外の治療であれば、見た目は違和感のないものが作れる
  • 周囲の歯を削る必要がある
  • 歯の抜けた部位の顎の骨が痩せてしまう
  • 不衛生になりやすい
入れ歯
  • 周囲の歯を削る必要がない
  • 保険適用内の治療であれば、比較的安価である
  • 違和感がある
  • 固い食物の咀嚼が困難
  • 外観に大きな変化がある場合がある
  • 発音に問題が発生することがある

症状別、従来の治療法との違い

歯を1本だけ欠損した場合

1本だけの欠損である場合、補完方法の選択肢は「ブリッジ」「インプラント」もしくは「1本だけの入れ歯」の3つです。インプラントが普及するまでは、欠損部の周囲の歯を削りブリッジで支える方法が一般的でした。しかし両端の歯がまったく健康であった場合、それらを削らなければならないということに難色を示す患者様がいるのは当然です。インプラントであれば、欠損部位の顎の骨に人工の歯根を埋め込むだけです。周囲の歯には影響を与えません。

歯を1本だけ欠損した場合

多くの歯を欠損した場合

従来、歯の欠損は「ブリッジ」もしくは「入れ歯」によって補完されてきました。しかし、ブリッジの場合、残っている歯を支点とし、人工の歯を装着します。仮に3本分の歯の欠損部にブリッジを入れたとします。両端の2本の歯は、欠損した3本分と元来自身に加えられる力を一身に受けることになります。2本の歯で5本分の力を支えなければならないのです。その分、支点にされた歯の寿命も縮まってしまいます。また入れ歯も同様で、残存の歯を支点にバネで固定することになるため、残存している歯への負担は大きなものとなります。一方インプラントであれば、欠損した本数だけ顎の骨に固定されるため、他の歯に負担をかけることがありません。

多くの歯を欠損した場合

奥歯が抜けた場合

従来では取り外し可能な部分入れ歯による補完方法が採用されていました(支点となる「両端」が存在しないため、最奥歯にはブリッジが使用できません)。しかし、入れ歯には先に挙げたようなデメリットが存在します。一方インプラントであれば、取り外す必要もなく、根からしっかりと固定できるため、安心して食事を楽しむことができます。

奥歯が抜けた場合

PAGE TOP